ご挨拶

学校案内

年間行事予定

ブログ

問い合わせ

image1

ホームスクール精神とは?

私達のチャーチスクールが掲げる「ホームスクール精神」という言葉を見て、「スクールに入学した場合、親である私達は、いったいどのようなことをしたら良いのでしょう?」と、質問されることがよくあります。

 「それぞれの家庭が異なった環境に置かれているので、一定の基準を設けることはできません。それぞれの家庭が、それぞれの状況に応じて、それぞれの形で、できるだけお子さんに関わっていただくことです。そういう意味で、お子さんが通っているスクールにも関心をもち、コンタクトをとることやスクールへの協力をお願いしています。」とてもあいまいですが、このように答えるしかありません。ご家庭の環境もそれぞれ異なりますし、「子どもに十分に関わる」という基準も人それぞれに異なるからです。

 ご自身が子ども時代に、十分に両親に関わってもらっていたという方もいますし、そうでない方もいます。そうでない方には、「十分に関わる」とはいったいどういうことなのかピンとこない場合もあると思います。また、自分では、子どもに一生懸命関わっているつもりなのに、当人の子どもがそのように受け取っていない場合もあるでしょう。決まった答えはなく、全ての親がそれを模索しながら歩んでいるといえるでしょう。

 ただ、このスクールに通わせることをきっかけに、「自分の子どもに心を向けるとはどのようなことなのか?」、「親とはどういう存在なのか?」…それぞれで考えることができると思います。

ともすれば、私達は日常生活の中で、なぜ子育てに、これほど時間や労力を注ぎこまなければならないのか、その意味を見失ってしまうことがあります。誰かに任せてしまうほうが、ずっと楽です。これは、今の日本全体の風潮でもあると思います。「子どもを預ける」ことに慣れてしまって、親が子どもと直接関わる時間が希薄になっています。そして、親との親しい交わりを知らない子どもが大人になり、親になっていくのです。

 しかし、クリスチャンである私達は、世の価値基準ではなく、聖書が何を語っているのかを知り、従う必要があります。
私達は、自分の子どもが神様からの大切な預かり物であることを忘れてはいけません。王様から預かった大事な品物を、粗末に扱う人はいませんね。毎日毎日、手入れをして、傷がつかないよう、慎重に扱います。王様が、私を信頼してそんなに大切な品物を預けて下さったのですから、王様の期待に精一杯答えようとしますね。

神様は、ご自分の大切な子どもを、地上の親たちに預けてくださっています。これは、本当にすごいことだと思います。ご自分の子どもが、私達の手の中で、大切に愛情と時間をかけて育てられることを願っておられます。 日本では、子どもが親の所有物のような感覚で扱われることがあり、「どうせ、自分の子どもだから、これくらいいいよ」と、言ってしまうことがありますが、これは間違いです。

そして、私達がいつか子どもたちを神様にお返しする日があることを忘れてはいけません。

また、今の子育ての日々は、後からは決して取り返せないものであることを、忘れないでいただきたいと思います。子育ては、小さな小さな関係作りの積み重ねです。でも、この些細な事柄の全てに、必ず神様の報いと祝福があることを信じます。